介護職Love blog

介護職の仕事内容や転職サイトなどについて解説。正社員・アルバイト・パートのお仕事を探している方は要チェック!

介護の職場での上司のパワハラとは?

パワハラやめて

 

ここ数年で「〇〇ハラスメント」という言葉が注目されていますよね。

 

ハラスメントとは他者に嫌がらせや不快感を与える行為、不安な気持ちにさせる事の事を言います。

中でも相手に暴力をふるう、暴言を吐く、ケガをさせる、最悪の場合生命に関わる事があるパワーハラスメント、通称「パワハラ」。

 

近代の日本では“愛の鞭”や“しつけ”という言葉で上司が部下を管理する方法として悪しき風習が容認されていたように感じます。

でも今はもうやばい。。

 

さて、今回は「介護の職場での上司のパワハラは?」についてご紹介していきたいと思います。

 

介護職の世界でもパワハラが実在するのか?

そして自分自身がパワハラを受けてしまったらどうしたら良いでしょうか。以上の事を含めて見ていきましょう。

 

そもそも介護業界における職場のパワハラとは?

 

現在パワハラと呼ばれる行動は6種類に分類されます。一つずつご紹介いたします。

 

身体的な攻撃

これは誰がどう見ても分かりますよね。

殴る、蹴る、叩くなど身体に直接攻撃する行為を指します。

 

雑誌など材質が固い柔らかい関係無く相手を叩く行為は全てパワハラに該当します。地位が高い低い関係なく暴力は罪になります。

 

精神的な攻撃

別名「モラハラ」とも呼びます。他人がいる前で相手を罵る言葉がこれに該当します。

「バカ」や「お前なんて早く辞めてしまえ」が主な例です。

 

また、長時間に渡る必要以上な𠮟責もこれに当たります。

“𠮟る”事はミスが許されない業務上では必要になる事があるのかもしれません。

 

しかし業務の範囲を超えて相手個人を罵倒する行為はしてはいけません。

 

人間関係からの切り離し

一般的にいう「仲間外れ」です。自分だけ情報が遮断される、席を離される等があります。

 

業務上必要のない行為に該当すればパワハラとなります。飲み会に誘われないケースも当てはまります。

 

過大な要求

とても一人では処理しきれないような業務を課せられる、そして上司はそれを任せてさっさと帰ってしまう。

 

このような状況をドラマ等で見たことはありませんか?または達成不可能に近いノルマを毎月決められてしまうケースです。

これらは「過大な要求」になりますのでパワハラとなります。

 

過小な要求

過去にニュースで取り上げられた例だと営業職なのに1日中シュレッダーを行う業務をさせられた、接客業なのに1日中草むしりをさせられた等がありました。

 

雇用関係の観点から言うと指揮命令に従うのは正しい認識です。

 

しかし、本来の業務と関係の無い事をさせられたとなると話は変わってきます。業務の適正な範囲から外れている事になります。

 

個の侵害

仕事後に個人の携帯電話に連絡し呼び出す行為や、有給や振替休日取得時に必要以上に休む理由を聞く行為はこれに当たります。

言わば、プライバシーの侵害に該当するの“個の侵害”です。

 

介護現場での上司や同僚によるパワハラとは?

介護現場で実際に起こったパワハラをご紹介致します。

 

仲間外れ

今に比べると一昔前の介護職は劣悪な環境下で仕事をしなければなりませんでした。仕事もハードですし、給料も安い、そうなると人間関係も悪化し易くなります。

 

そこで必ず問題となるのが上司や同僚による“仲間外れ”です。

仕事が出来ない、又は気に入らない、指示に従わない人間を仲間はずれにするのです。

 

オムツ交換ばかりさせる。

1日の中でオムツ交換をする時間帯が決まっている施設もあります。

介護士の中には利用者から呼び出しがかかっても、面倒くさがり「まだ時間じゃないからもう少し我慢してね」とオムツ交換をしたがらない方が時折います。

 

そのような職員は後輩に全てオムツ交換を任せて自分は休憩しているケースが過去にありました。

しかしこれだけではありませんでした。

 

レクリエーションの下準備やシーツ交換等、他の仕事も全て押し付けて自分自身は休憩していたのです。

その後輩から訴えがあり発覚、その職員はクビになりました。

 

これは後輩が上司に相談してくれて発覚したケースです。通常の業務とは異なる事を先輩から押し付けられたと感じた際、一度管理者と相談してみるのも良いでしょう。

 

休暇取得時の過度な報告

有休を取得する際、理由を説明しなければなりません。

理由もシフトを作成している管理者が納得する理由でないといけませんでした。

 

まず、有給取得に理由は要りません。雇用主から「今忙しい時期だから変えてくれないか?」とお願いする事は出来ます。

 

しかし、理由を聞くことは全く関係ありません。

これが理由で有給が取れないと報告があり後日対応していただきました。最近ですと“働き方改革”が行われ有給が取得しやすくなりました。

 

医者や看護師からのパワハラ

介護の現場は介護士だけが働いているわけではありません。

 

医者や看護師、作業療法士など様々な専門分野の方々が働いている施設もあります。今挙げた専門分野からすると介護士は身分が低く扱われてしまいます。

 

医療業界が閉鎖的である事や少し勉強すれば誰でも取得できる事など理由は様々です。

そんな介護士に対して人と扱われない状況もあります。特に医者や看護師からのケースが多く感じます。

 

もちろん多忙で余裕が無くなりつい怒鳴ってしまう事があるでしょう。しかし業務の範囲を超えた過度の𠮟責、個人に向けた罵倒も少なからず存在します。

 

パワハラを受けたら勇気を出して相談しよう

 

まずは管理者に相談

パワハラを受けたら我慢する必要はありません。即管理者に相談しましょう。パワハラは放っておくとどんどんエスカレートしていきます。

 

同僚に相談

先輩職員からパワハラを受けた際、同僚に相談する事も良いでしょう。

ご自身と先輩では立ち位置や力関係が違うので訴えが通りません。

 

しかし同僚に話をすると同僚の上司に話が行き、解決したケースも実際ありました。

 

その際「パワハラだと気づいて無かった、申し訳なかった」とお互い解決しました。まれではありますが、良い方向に向かう事もあります。

 

「パワハラです」と伝える

パワハラをしてくる相手に悪意が無い事もあります。

 

少し熱が入りすぎた、厚くなりすぎたといって部活の先生やスポーツ選手のコーチなんかが訴えられていますよね。真実は分かりませんが無意識で行ってしまった事も考えられる。

 

時として言葉はしこりが残りますが、言える状況なら勇気を出して相手に「パワハラです、辞めてください」言ってみるのもいいかもしれません。

 

ご自身で改善できる人格者なら効果があります。

 

上司からパワハラをされたら思い切って転職だ

直属の上司、先輩から受けるパワハラが実は一番多いのです。

 

一番の理解者でもある上司が主犯格だともう誰に相談して良いか分かりません。心身に支障を来たすまで我慢する必要はありません。

思い切って転職する事をお勧めします。

 

陰湿なパワハラをしてくる人もそうですが放置しておく事業所も良くありません。

そんな職員を大切にしない事業所はさっさとサヨナラしましょう。

 

人の目を気にして我慢する時間があるなら、あなたの技術を活かせる事業所を探す方がよっぽど建設的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

介護施設で上司のパワハラについてご紹介しました。

 

パワハラが正当化させることはありません。もしパワハラを受けてしまったら、管理者に相談する。

 

それでも解決しなければさっさと転職する事を推奨します。パワハラを放っておく事業所の未来はそう長くはありません。

 

介護職は職員数も足りていない事業所も多くありますのでご自身が傷つく前に活躍できる場所を探しましょう。

 

いくらでも働きやすい職場はありますよ!