パソナOB・OGによるコミュニケーションサイト

HOME お問い合わせ
POB会会則 トピックス 会員紹介 サイトマップ
本会員メンバー ネット会員
新会員の紹介

新会員紹介

規入会者ご紹介

桑原 雅彦 (クワバラ マサヒコ)さん

パソナ時代の最終部署・役職 = パソナフォーチュン シニアコンサルタント

現在は、エグゼクティブサーチファームのヒューマン・アソシエイツにてエグゼクティブリクルータとして活躍中です。

日時: 2012年01月28日 10:10 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

新会員の紹介をしていきます

随時、新OB、OGの皆さんをご紹介していきます。

日時: 2009年06月25日 11:59 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【会員紹介NO.11 本多真由美】

%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E5%86%99%E7%9C%9F.gif

会員紹介初の女性登場です。
この会員紹介も何故か男ばかりが続いていたのでPOB会には女性OGはいないのか?女性は何人くらいとうろくしているの?とか女性OGから真剣な質問をいただいたりします。
POB会では当然ながらOG大歓迎です。今後もご紹介していきます。さまざまな交流を期待しています。
さて、事務局の独り言はこの辺で・・・・

第11回は、テンプスタッフ香港 代表の本多真由美さんです。
結婚して2児の母ながら、人材派遣大手のアジアの拠点代表として活躍しています。本多さんとは、パソナ時代同じ支店・グループで営業として活躍しました。いわゆるパソナの帰国子女採用(9月採用)として入社して、当時の外資系プロジェクトの一員でもあります。
是非交流を深めていただければ幸いです。皆さんよろしくお願いします。

今年のPOB忘年会のも特別参加してもらいますのでお楽しみに!!

---------------

本多真由美 パソナ卒業 1994年

【自己紹介】
パソナ卒業は94年です。 イギリスに留学中に”キャリアフォーラム”という留学生などを対象にした就職フェアで卒業1年前には内定を頂き、帰国後早速挨拶に伺い採用をして頂きました。 最初の部署とは言っても基本的には同じ部署でずっとでしたが、松原支店長率いる渋谷支店で特に青山エリアの仕事をさせてもらいました。 目をつぶってもどこかわかるほど青山は歩きました。 留学時代の香港人の友達を訪ねて一度香港に遊びに来たのをきっかけに、その頃香港すっごい好景気でした。 元々海外で仕事がしたい!という強い希望があった為、当時の支店長に御願いして現地のパソナの支店長を紹介して頂き、今後は事務の経験をしたい。 その頃PCの使い方いまいちわからず長銀香港支店に運よく入社、ここでも基本的には営業コーディネーター的なポジションを経験し、長銀があーなってしまったので、次どうしようと考えてあせっていたところ、現地のテンプスタッフに空きが出た為それから早丸7年支社長をやっております。 こんな私が支社長なって松原さん笑うと思います。 

【自社紹介】
 パソナにいらした方でしたらご存知の競合テンプスタッフ香港で主に人材紹介業をしております。 対象は香港人、日本人の方を主に香港内の企業さんへ正社員としてご紹介させて頂いております。 今年の4月には中国広東省にある広州という都市にも現地法人を出しました。 何かこちらの方で交流が出来る方は是非お声を掛けてください。 
http://www.tempstaff.com.hk/jap/index.asp

【POB・POGに一言】
香港にご旅行でいらした際には是非おいしいとこご案内しますよ! 

日時: 2007年12月06日 15:26 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【会員紹介NO.9 桑畑 亮嗣】

kuwahata%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

第9回は、エクスケア・ジャパンの桑畑社長です。パソナ在職中は、人材派遣会社に入社したにもかかわらず、人材ビジネスの部門には一度も配属にならないまま卒業し、数々の仕事を経験した後独立し、現在ヘルスケア機器のディストリビューション会社を経営しています。

桑畑 亮嗣 パソナ卒業 平成6年12月

【自己紹介】
こんにちは。
平成4年入社の桑畑 亮嗣(くわはた りょうじ)です。
現在は、エクスケア・ジャパン株式会社代表取締役社長をしております。
高周波EMS機器『エクスケア』というマッサージ用、ダイエット用の機器の販売をフィットネスクラブや整骨院を中心に行っております。

また、POBの河村直人社長(㈱Jobby)と一緒に『メタボバスター』という弊社高周波EMS機器を使用した中高年専門のダイエットサロンを今年19年7月25日に立ち上げました。
※下記ブログ参照してください。気になる方は是非試してください。
http://blog.goo.ne.jp/jobby/

ちなみにP時代は、内定時点のアルバイトからコレチで、本配属もそのままコレチでした。。。
2年目に広報室に配属になり2年間みっちりと広報職を学ばさせて頂きました。

その後、現在に至るまでの変わった経歴です。(笑)

田園都市厚生病院 春山茂雄院長( 『脳内革命』著者)秘書室長(H7.1-H12.1)
⇒新宿南口高層ビル 大規模健康増進施設(人間ドック)の開設・運営

ら・べるびぃ株式会社 専務取締役(H12.3-H15.2)
⇒日本初の『毛髪ミネラル研究所』設立(創業役員)
【ら・べるびぃ予防医学研究所:www.LBV.jp

株式会社ウェルネス・インターナショナル 代表取締役社長(H15.3-H18.1)
⇒平成17年オリジナル開発商品『乳酸菌博士のエチケットサプリ』がTVショップQVCにて、年間6万個販売の大ヒット商品となる。

平成18年2月テクノリンク社より東南アジア地区独占販売権取得を機に、エクスケア・ジャパン株式会社設立
現在 当社代表取締役社長
【会社概要】
エクスケア・ジャパン株式会社 Excare Japan Co,Ltd
http://www.ex-care.com
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-7-5 神田ミハマビル6F
高度管理医療機器販売業 東京都許可第4501010500119号
東京商工会議所加盟 C2123444
支社(シンガポール)EXCARE PTE LTD  (Company No: 200513915C)
            Block 427 #08-655 Bedok North Road, Singapore 460427
設立  平成18年2月13日  従業員 11名(男性5名、女性6名)

【POBに一言】
かなり派遣とは遠い、異業種な事をやっております。
いろいろお知恵を頂けると幸いです。
メタボバスターの店舗に、是非遊びに来てください。

日時: 2007年09月08日 12:32 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【会員紹介NO.8 藤原昌人】

%E3%81%B5%E3%81%98%E3%82%8F%E3%82%89.jpg

第8回は、インテレッセインターナショナルインクの藤原社長です。パソナ在籍中も『ジャンボ藤原』として大変存在感(どこにいてもわかっていしまう)のある方です。アメリカでは普通サイズなのでひけを足らずにアメリカでのビジネスにしっかり溶け込んでいるようです(笑)。日系企業からは欠かせない存在として全米ネットワークを広げています。
===============
藤原昌人 パソナ卒業1996年

【自己紹介】
まずは入社年度。
1984年、ではあるが実のところは1983年の9月。アルバイト入社ですね。
当時、西ドイツのハイデルベルク大学留学から帰ってきたのが81年の6月化なにかで、日本の大学(岡山理科大学数学専攻)に復帰がその年の後期からだったため、卒業が83年の9月ということもありますね。もともとテンポラリーセンターなどと言う会社は全く知らなかった。
何せ、大学卒業に7年半も要しているため、採用してくれる会社は少なく、ドイツ語でお世話になっていた「ドイツ語学院ハイデルベルクの柴田昌治学院長」を訪ねたとき、「おもしろい会社があるので行ってみるか」といなり、当時の南部靖之氏と面談。
プレスセンタービルに訪問した時に最初に深々と頭を下げていただいた方が野村さんだった。それはその後を暗示する運命定な出会いであった。南部専務とは腕相撲をした記憶があり、後ほど形式的な入社試験を後日受けて、入社決定。

<中略>

1996年5月に脱藩。その後すぐにNYに戻り、現会社を設立。
パソナ藩を脱藩する直前、「何チャラ神戸」に行けとの人事から帰国命令があり、NY→成田→伊丹で到着。確かそのまま、現場に直行し、担当も分からず、ホテルへ。
翌日、倉庫係を命じられる。身体的な特徴を良く捉えた人事配属といえよう。
数日間、続けたが、今は亡き「武田」氏の隠れ家も荷物の間に作ることになった。
その後、南部氏が訪れ、再び身体的特徴を正しく判断され、顧客呼び込み係に人事異動。
その後は、岩月ほか、その能力を正しく評価された強者がそろい(何故か野口さんもいたかな?きっと目付役であったであろう。)で、多数の顧客を誘導したことが最後の実績となったかどうかは定かではない。
「神戸強制収容所」からの脱走は帰国2週間後だった。
13年間のP時代が終わり、新たな人生が始まった。
しかしこの間に養われた「ワヤクチャ魂」はその後、大いに役立っている。
ってか?

【自社紹介】
ホームページをご覧あれ。http://www.iiicareer.com

追記:最近、今さら自社で進出するに小さすぎる米国のローカルマーケットにFCで提携
をすることを考えている。
そのため、米国内拠点は最終的に20カ所になりそうである。
いつでも・どこでも・インテレッセ。
 
【POBに一言】
特にないが、誠に優秀な方々が次々と脱藩しいている様は、幕末の土佐藩である。
この有能な者たちが明日の日本、イヤ、世界を動かすとは歴史が物語るであろう。
ってか?

日時: 2007年08月03日 10:54 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

【会員紹介NO.7 渡辺 貢】

%E8%B2%A2IMGP2364.JPG

第7回は、フィールドサーブジャパンの渡辺社長です。パソナ在籍当時から常にベールに包まれた事業に関わっていたいましたね(笑)今では伝説のポケベルを使った情報サービスは本当にすごい事業でした・・・。今後もPOBの若手との架け橋に期待してます。

==========

渡辺 貢 パソナ卒業1998年

【自己紹介】
  POBのマル暴担当の渡辺です。
  何か揉め事が起きた際は格安で解決いたします。
  な~んて人は第一印象で決めてはいけません。
  心優しいこの私はPOB会設立当初から参加させていただいてます。
  会への貢献度は?ですがこれからPOB会を日本一のリアルコミュニケーショングループへと発展させるべく努力してまいります。
  個人的には飲む、打つ、○う・・・何でもOKのスーパーおやじーずです。
  別の団体でNYの名倉社長と「ザ・おやじーず」なる会も発足してます。

【自社PR】
  なんてったってこの私が社長なのでPRできるところはほとんどありません。
  POB会の中でもベールに包まれている会社のひとつとして謎だらけかと・・・。

  興味のある方は是非会社に遊びにいらしてください。
  会社は飯田橋にあり、細々とセールスプロモーションの仕事をやってます。
  唯一の自慢は会社にキャンギャルがたくさんいます。
  少しでも興味があれば フィールドサーブで検索してくださいね。

【POBへ一言】
  POBでは私の立ち位置に悩んでます。
  POBの若手組に入るのかお年寄り層に入るのか微妙な年齢なのでいつも迷ってます。
  偉大な大先輩の中に入るほど器がでかくないので、若手組に入れてください。
  最近若い会員が増えつつある中、寄る年波には勝てない自分を意識してます。

日時: 2007年07月19日 11:12 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

会員紹介【NO.6】名倉 学

%E5%90%8D%E5%80%89washisuits.jpg  

第6回は、マックスコンサルティングの名倉社長です。先日日本支社を設立して米日をまたにかけて活躍しています。

==========

名倉 学(なぐらまなぶ) パソナ卒業1994年

【自己紹介】
1962年兵庫県生まれ。1985年、関西外国語大学外国語学部英米語学科(うち84年-85年NY州立大学に交換留学)後、アメリカの大学から帰国して関西外大を85年9月に卒業。アメリカに留学した時に、マンハッタンを訪れ、ここに起業したいと直感で感じた。その後、日本に帰国。就職活動を始めたがどこも9月卒業では採用してくれなかった。今考えるとかなり変なアメリカナイズしていた私を採用してくれる企業がなかったのも当たり前だった。 
そんな時、あるきっかけで、テンポラリーセンターを知り、行徳氏と面談、85年11月付けで株式会社テンポラリーセンター入社させていただく事になった。 貿易業務を希望していた私は、1ヶ月ぐらいで貿易業務としてどこかに派遣されることになってると勘違いしていた。 派遣の営業をやってる自分に疑問をいだいた頃だった。 後に、これほど自分にあった素晴らしい仕事はないと気づく訳である。(私には銀行マンはできない)
最初の配属は新宿センタービル内のオフィス。市山さんの部下として営業開始。その後すぐに村上さんのいた池袋支店へ配属された。アメリカから帰国して間もない私は、日本語に英語アクセントがあり、日本に住みたくなかったから全てに対して反抗していた。 きっと職場での異端児だったと思う。今の私だったら、絶対に採用はしないし、間違って採用しても即刻解雇していただろう。そんな私をトレーニングしていただいた上司、先輩方に感謝している。
半年後、渋谷の五十嵐さんの元へ配属され、渋谷で営業で出歩いた。最高の日々だった。遊びを知らなかった私にとっては、渋谷はただの都市としてしか写らなかった。87年だったと思う。大阪へ転勤を命ぜられた。 
大阪の営業は東京と違っていた。関西人ではあるが大阪弁のしゃべれない私にとって大阪は修行の街であった。 ツインタワー内のオフィスで隣に門脇氏が同じくチームリーダーとして勤務。大変充実した大阪を味わうことが出来た。門脇にも感謝している。88年春、何の修行かわからないが、交通事故に遭って、右手中指が脱臼ほぼ切断状態になった。そんな時、この会社は素晴らしいと思ったのは、リハビリに病院に通うことを許してくれて、半年のリハビリでかろうじてくっ付いた指は動く様になった。 
88年10月、上田さんがツインタワーのオフィスに来てくれて、ロサンゼルスに来いというオファーをいただいた。 願ってもないチャンス。待ちに待ったアメリカ勤務の到来だった。それまでの私的なしがらみを全て捨てて、11月に渡米した。3年ぶりのアメリカは私にとってのユートピアだった。

最初の勤務はテンポラリーセンターUSAのトーレンスオフィスの代理マネジャーだった。よくわからないまま、又吉さんと同じオフィスに勤務、住まいまで一緒だった。又吉さんはオフィスクラークとして学生アルバイトを雇ってくれたのである。その学生が今の私の妻である。 又吉さんにも大変感謝している。 1990年1月、辞令が出て、NY支店の建て直しに行ってくれとのこと。NYに着いたのは全ての樹木が枯れて凍り付いたNYだった。社員は一人を省き全てユダヤ人。売上げが上がらない理由はすぐに分かった。 上田さんにリポートをして時間をかけて社員を全員入れ替え。3ヶ月後には単月黒字。その後、利益をだし続けていた。 91年、寺本さんが私の上司として配属され、支店が現地法人に変わった。 93年、私を含む数名の駐在員が現地採用化され、将来を具体的に考えることになった。 そうこうしているうちに藤原さんがNYオフィスに配属された。 94年6月パソナ社を退職。 94年7月、人材紹介、人材派遣、人事コンサルティングを業務とするマックスコンサルティンググループインクを設立した。
全て自己資金での開業だった。 

【自社PR】
Corporate Profile
■ 社名 : マックス・コンサルティング・グループ・インク
    (英文社名 : MAX Consulting Group, Inc.)
■ 代表者 : 代表取締役社長 名倉  学(なぐら まなぶ)
■ 所在地:    
   本社 / 317 Madisson Avenue Suite 1418 New York NY 10017 USA
   東京オフィス / 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー15階
■ 設立 : 1994年7月1日
■ 資本金 : 1200万円
■ 事業内容
   ・ 北米における人材紹介、人材派遣、人事コンサルティング、エグゼクティブサー         チ、ペイロール代行
   ・ 国際間人材斡旋(北米と中南米、ヨーロッパ、アジア各国)
   ・ 北米から日本への帰国者の人材紹介
   ・ 日本における人材紹介
   ・ 北米に進出する日系企業への人材、人事サポート
   ・ 日本に進出する外資系企業への人材、人事サポート
■ URL :http://www.maxjob.com

グローバルビジネスをサポートします。
 
マックス・コンサルティング・グループ・インクは1994年7月の創業以来、国を超えてグローバルに活躍できる人材のご紹介、また、人事コンサルティングを展開して参りました。とくに会社設立当初から日本とアメリカ全土を結ぶリクルートメントサービスは、3万5000人以上に及ぶ人材データベースのなかから、企業が求める適切で優秀なスペシャリストをご紹介して多くの企業と信頼の絆を深めて参りました。日米だけに留まらず世界に広がるネットワークを通して企業と人のベストマッチを目指しています。

●1994年7月 マックス コンサルティング グループ インク 本社を米国ニューヨークに設立
●1998年5月 東京及びメキシコシティに連絡事務所を設置
●2001年11月 中国上海の人材紹介会社と業務提携
●2002年10月 イタリア、ミラノに連絡事務所を開設
●2003年4月 シンガポールの大手人材紹介会社との業務提携
●2004年5月 リマ(ペルー)連絡事務所開設
●2005年11月 上海浦莱科人力資源有限公司と業務提携し、上海の日系及び欧米系企業に人材紹介サービスを開始
●2007年2月 マックス•コンサルティングの直営拠点として、マックス コンサルティング グループ インク東京オフィスを開設し、日本国内での人材紹介事業を開始

【POBへ一言】
私は日本のパソナに在籍した期間が3年あまりで、殆どのPOBの方々を存知あげないのですが、皆さん色んな分野で活躍されていて、素晴らしいと思います。本当にパソナ社に勤務していた事が良かったなあと思います。 

パソナネットワークは尊いアセットだと思います。
  
私は居住地は米国ニューヨーク州ですが、東京にオフィスを設立したため、月の半分ぐらいは日本にいます。 今後はより交流をさせていただければと存じます。 これからも異端児(笑)かも知れませんが、よろしくお願い申し上げます。 

日時: 2007年07月05日 12:37 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

会員紹介【NO.5】茂野光將

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E8%8C%82%E9%87%8EIMG_0859.JPG

第5回、株式会社アイアールシーの茂野社長です。御夫婦ともに既に卒業され活躍されています。「楽記帳」はなかなかのネーミングですよね!

============

茂野光將(パソナ卒業1994年)
【自己紹介】
1986年:入社 入社1年目はプレスセンタービル配属で、そのフロアに確かチームが4つか5つ、SCCという部署も同居しているような、会社もこじんまりとした状態だったのを覚えています。1年目のこのとき、受注伝票(その当時は手書き)をSCCに持って行って「こんなんじゃわからない」と投げ返されたりしておりました。
1987年から92年:札幌へ異動ののち、名古屋へ。P時代はとにかくよく飲んだと思います。特に札幌、名古屋ともに非常に大きな繁華街があったため、皆さんに誘われるがままに飲んでおりました。名古屋のいたときはほぼ毎日、金子クン、隈川クン、小桧山クン、などにお世話になりました。名古屋には美味しいものが多く、(ひつまぶし、あんかけパスタ、赤だし、そしてお寿司の5倍ぐらいの大きさのシャコなどなど)色々楽しいときを過ごすことができました。
1992年:東京へ戻って、なぜかコレチオーネで 呼び込みをやるはめに・・・・・。ここはあまり思い出したくないのか、記憶が定かではありません。覚えているのはコレチ準備のとき家に帰るのが朝3時とか4時とかで、結構意識朦朧として出社していたことくらいでしょうか。
1994年:池袋支社を最後に卒業しました。その後多少寄り道をしながら
1997年:その当時はしりだったSOHOを組織化して各種アウトソーシングを行う株式会社アイアールシー設立・代表取締役に就任。現在に至っております。

【自社PR】
現職、株式会社アイアールシー 代表取締役社長
中小企業向け記帳代行サービス「楽記帳」を展開 http://www.rakukicho.jp/
特にスタートアップ企業を中心にサービスを展開しております。
記帳代行という請負ではありますが起業当初にコストをかけずに、経理処理をしたいと思われたら、是非一言お声掛けください。

【POB会へ一言】
メーリングリストで人材業界の様々な情報を拝見し、人材業界とは少し離れたところにいる私には本当に勉強になります。またPOBの皆さんがいろいろな分野で活躍されていることを定例会やメールで拝見し、非常に刺激になります。94年卒業と、もう13年前の古い卒業生ですが、これからもこの会を通じて皆さんからの刺激を受けたいと思いますので、幹事役の松原さんは大変ご苦労かと思いますが、なにとぞ、引き続きご尽力いただければありがたいです。
以上、これからも皆様よろしくお願いいたします。

日時: 2007年06月12日 16:28 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

会員紹介【NO.4】齋藤秀樹

%E6%96%89%E8%97%A4%E7%A7%80%E6%A8%B9.JPG

第4回は 株式会社コンテンポラリーテックの齋藤社長です。輝かしい海外赴任と上場会社社長の経験を経て現職です。群馬の自称エリートだそうで・・・ 、この写真ですが本人に間違いないそうです。さすが高校球児、いいフォームです。

===============

齋藤秀樹(パソナ卒業1999年)

【自己紹介】
1981年
大学3年生のときに、ゼミの先生の紹介にて営業のアルバイトにて勤務したのが、きっかけで入社しました。いわゆるエリートです。
成人式のために新調した唯一のスーツ、革靴が飛び込み営業のために台無しになり、かえって高くついてしまった。残念!
でも、時々アパートに帰りサボってましたが、、、、これ、なぜか当時のアルバイトの『仕事の流儀』だったのです。
・1987年ニューヨーク駐在、当時日本のエリートが赴任するNYに現地法人設立のために1人で赴任、ちなみに結婚3ヵ月後の単身赴任。いわゆるニューヨーカーと呼ばれた時期です。
初めてのニューヨーク入りは夕方でした。ケネディー空港上空から見たマンハッタンの景色は今も心に残っています。
やはり、エリートだったのです。
・帰国後は、今度は毎日国内線に乗り飛び回る全国営業部、関東営業部、人材開発部、関東営業本部、グループ会社社長そして退社と書ききれませんのでこれで勘弁してください。
要するに、エリートだったのです。〈自称〉

【自社PR】
人材派遣、人材紹介サービスでは語学力に強いという特徴を持った人材をそろえています。
http://www.contemporary-tech.com
外資系企業をはじめ、国際関係企業に多くの実績があります。
人材紹介は、ピンポイントで人材をご紹介いたしますので、ほとんどの案件に対して対応いたします。
お気軽にお声掛け下さい。

【POB会に一言】

パソナイズムを持った人材たちが、外からパソナの応援団として結集した感じです。同じ出身母体ということで、末永くお付き合いをお願いいたします。
4番目のご紹介にノミネートいただき光栄です。
野球で言うなら、クリーンナップです。他に4の数字で喜ぶ数字はあるのかな~なので自己紹介写真を野球にして見ました。
これでも、パソナ社時代には西友さん相手にノーヒットノーランを達成したこともあるのです。サンスポにも社名が載った時代もあるのです。
松原様、ありがとうございます。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

日時: 2007年05月29日 20:09 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

会員紹介【NO.3】太田松千代

%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%86%99%E7%9C%9F0002.JPG

第3回の紹介は、株式会社パーソンズ 代表取締役社長 太田さんです。P0Bの卒業は2回経験しているという貴重な!?OBです。仕事のうえではガラポンにつぐガラポン・・・いつもながら為になります!

===========

太田松千代(パソナ卒業2005年)

【自己紹介】
1982年:入学 学卒採用3期か4期生。同期は5名。残っているのはJさんだけ。

1988年:支店営業勤務の後、オーストラリアへ。
       「なんかやってこい」「じゃぁ、とりあえず語学学校に入って英語を勉強しますわ」悠長な時代でしたね。

1990年:香港へ。外地間異動の第1号? 
 人材紹介を担当していましたが、「香港ポストも赤字が続いてるので売却するかなぁ」との情報をキャッチして、「売るくらいなら私にやらしてくださいよ」、ということで出版ビジネスに社内転職。
 97年の香港返還時にはブームに乗って黒字転換するも、浮かれすぎて98年には史上最悪レベルの赤字に転落。超楽天家の私でも、「出社拒否症ってこういうことかな」と感じる状態に。

1998年:強制送還。KGさんから、「もう本社にはお前のポストが無いって言ってるから、とりあえず、うちに来いよ」と、「とってもモチベーションがあがる」誘い方をされて、パソナソフトバンク(PSB)へ着地。

2000年:第1回目卒業。PSBが出資したベルハート(テレマ会社)の役員に就任するにあたり、「ベルハートも上場を目指して いるので、Pグループを退職していただきます」ということに。
ところが、上場を果たせぬまま2年後にPSBは持ち株を売却。新株主により大幅な事業縮小。現在の売上は当時の10分の1に。私の個人出資は・・・。

2002年:パソナに再入学。テレマ事業部長とパソナテレマーケティング(PTM)社の取締役兼務。

2004年:PTM売却と同時に、パソナでは「大政奉還」が行われテレマ事業部解散、社内プー太郎状態に。
  「しばらく充電しとけよ」、とありがたいお言葉をいただくが、「あまり長くなると漏電しますよ」ということでパソナエンジニアリング初代社長に。

2005年:2度目の卒業。ベネッセ入社と同時に現職就任。「2度あることは3度ある」なんてことは無い。(でしょう、無いはず・・・) 
       
【自社PR】
現職、株式会社パーソンズhttp://www.benesse.co.jp/persons/ 代表取締役社長
ベネッセ入社と同時に派遣子会社のパーソンズに出向。
「教育のベネッセ」「Benesse=よく生きる」、私にピッタリのイメージ(かな?)

【POB会へ一言】
資本系人材会社の再編を目論んでいます。情報交換、よろしく。
本会は、メンバー個々人が竹のように独立して生えていますが、地下ではしっかり根を組む「竹の集団」を目指しましょう。

あれ、どっかで聞いたフレーズやな。

日時: 2007年05月21日 13:31 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

会員紹介【NO.2】武並博司

%E6%AD%A6%E4%B8%A6IMG_6369.JPG   

第2回の紹介は、株式会社キャリアマート 代表取締役社長 武並博司さんです。
自身のブログhttp://takewave.at.webry.info/「新宿人材系社長のブログ(転職求人情報)」は一見の価値ありですよ。
==========
武並 博司(パソナ卒業1994年8月)
【略 歴】
1991年 3月 大阪の大学を卒業
1991年 4月 ㈱テンポラリーセンター(現パソナ)入社
1994年 8月 ㈱パソナ退社
      梅田支店 淀川1チーム配属
      ※パソナ卒業時は梅田1チームででした。
      現在、静岡で派遣会社を経営している中村信也マネージャーが最後の直属の上司でした。
1994年 7月 ㈱アルファースタッフ 取締役就任
      (1996年1月㈱フルキャスト大阪に社名変更)
1997年 1月 ㈱フルキャスト大阪 取締役退任
1997年 1月 ㈱エントリー 大阪支店長
1997年 7月 ㈱エントリー 西日本本部長
1998年 4月 ㈱フルキャスト 西日本本部長
2000年 4月 ㈱フルキャスト 事業戦略部長
2000年 7月 ㈱スリープロ 取締役就任(非常勤)
2000年 9月 ㈱スリープロ 取締役退任
2000年10月 ㈱フルキャスト 事業開発部長
2000年11月 ㈱アミューズキャスト 監査役就任(非常勤)
2001年10月 ㈱アミューズキャスト 監査役退任
2001年10月 ㈱フルキャスト 運営統括本部営業部長
2002年 4月  フルキャスト人事コンサルティング㈱出向
2002年11月 ㈱フルキャスト 退職
2002年11月 ㈱キャリアマート 設立 代表取締役就任
【自社PR】
パソナOBの皆さん!こんにちわ!
キャリアマートの武並と申します。
91年入社組みです。内定者旅行はロスアンゼルスというバブル採用組みの一人です。
私自身は、パソナは3年半で退職し、その後フルキャストという会社が20名ぐらいの規模の時に大阪の立ち上げ責任者として参画しました。フルキャスト上場後、独立してキャリアマートを設立いたしました。
現在
・人材紹介
http://www.career-m.jp/
・採用コンサルティング
http://www.career-m.com/outsourcing/index.html
という二つの事業を軸に
「日本の就転職を変え、日本の企業を元気にしたい」
という想いでがんばっております。

パソナOBの方々は、方々で活躍されておられますので定例会等において、諸先輩方と交流を持たせていただく事は、私自身非常に勉強になります。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

追伸
転職の際はこっそり相談してくださいね!
秘密厳守でサポート致します。

日時: 2007年05月16日 18:30 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

会員紹介【NO.1】宮田健二

%E5%AE%AE%E7%94%B0%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

栄えあるPOB会HP掲載第1号を飾っていただきますのは、株式会社アネスト 専務取締役 宮田健二さんです。簡単なプロフィールご紹介と、POB会の今後の活動について一言コメントいただきました。

================

宮田 健二 (パソナ卒業2003年5月)

1968年3月5日生まれ(39歳) 日本大学文理学部卒業

1990年4月 新卒としてパソナ(当時テンポラリーセンター)に入社

     男性派遣、全国地域支援、新規事業会社の代表取締役、他社との合弁会社へ出向などを経験し、最終勤務地は大阪本社

2003年5月 パソナ退職

2003年6月 株式会社アネスト http://www.honest-connect.com/

     取締役に就任 ノンブランド、後発という環境で、人材業界への自分チャレンジ開始。

2006年10月 同社専務取締役  現在に至る。

================

2003年に産声を上げたPOB会、今ではアメリカ、中国、韓国からの参加もあり人数も増えてきましたね。
この度のHP完成を受け、益々充実したPOB会になっていくこと心より願っております。

さてさて、POB会・・ポブ会・・これはパソナのOB会。
会社のOB会というのは学校のOB会とは違う。
学校は決めた期間を終えると全員がOBになる、会社は定年以外に自らの意思で辞めていくOBがいる。
今のPOB会は100%そういう人の集まりだ。
定年じゃないから、皆、パソナを辞めて「次の何か」をしている。

リクルートのOBが様々な分野で成功者を排出していることはとても有名である。
辞めた後、どんな活躍が出来るか?
そのOB達の活躍で「リクルートと言う会社は優秀な人材を輩出する」と有名にしている。

POBが活躍し、パソナもそう言われ、そういう人材がパソナに集まるようになるといい。
これはOBが出来ることだ。
POB会なんてPの冠のつく会に参加しているなら、少なくともそうありたい。

「次の何か」を成功させる、その為にお互いを切磋琢磨し、協力し合える会にしていきたいですね。
微力ながら私も関わって行きたいと思います。これから楽しみですね!

最後に、この会が常に新鮮さを保ち、参加者が絶えない会へと発展出来ているのは、多彩なゲストスピーカーによる有意義なプレゼンとそのディスカッションが企画開催されているからではないでしょうか。
本当にいつも刺激されます。この環境を常に提供し続けてくれている松原さんに心から感謝申し上げます。
これからも益々よろしくお願い申し上げます。

日時: 2007年05月14日 20:20 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

今後、新会員を紹介していきます。

今後、登録している会員や新規会員を紹介していきます。

日時: 2007年03月19日 17:10 | パーマリンク | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )


会員登録のご案内

POB会の会員登録を希望される方は、必ず下記会則をお読みください。

POB会則
メーリングリスト

ALLML(登録者全員対象)

POB会事務局からのお知らせ用のMLです。
メールアドレスを入力して下さい。

メーリングリスト

NEWSML(希望者対象)

POB会事務局からの人材系新聞記事のクリッピング配信用です。 希望者の方はメールアドレスを登録してください。

事務局のご案内

POB会事務局は松原浩幸が自主的に管理運営しております。ご不明な点や会員登録等はお問い合わせフォームからご連絡ください。
ボランティアで運営している関係でレスの有無・放置の可能性もありますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ


プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
Copyright 2007 POB. All Rights Reserved